工事をする前に知っておこう!現状復帰の種類

現状復帰でスムーズに返却するために、3つの種類を覚えておこう!

furoa.com

工事をする前に知っておこう!現状復帰の種類

部屋

現状復帰の内容

現状復帰は解体や撤去だけでなく、その後の床の張替えなどの修繕工事まで行います。その中には電気やガスなどを通す工事も含まれています。簡単に言うと内装を解体した後に、内装や設備の修繕まで行う工事のことです。

内装解体

内装解体は、元々の状態の内装に戻す工事の事をいいます。借主が入居後に取り付けたデスクやドアなどを解体します。借主が天井や壁などを複雑なデザインに改装している場合も、全ての設置物を解体します。

スケルトン工事

建物構造体の設備を入居時の状態に戻す工事の事を言います。その際、柱・梁・外壁・屋根は残しその他の設備を元に状態に戻します。劣化した柱や梁がある場合には、耐久性のあるものと交換してくることがあります。

広告募集中